• 2016.02.27
  • フリーダ♡  



    スクラップブックづくりをしていたら
    2006年のヴォーグの付録の、グッチのビジュアルブックがでてきました。
    2005年にフリーダ・ジャンニーニがレディスウェアのデザイナーに、
    その後にクリエイティヴ・ディレクターに就任したのですが
    ちょうどその頃の「グッチよいしょ」なビジュアルブックで、私にとっては素晴らしい内容であります。
    今見てもうっとりするし、現グッチがかすむ・・・。
    フリーダ退任後、現在シーズン二期目となったグッチですが
    残念ながらあまり惹かれません。
    アイテム単品で見ると素敵と思うものがありますが、
    ルックは若返りというよりコドモっぽくなっちゃって涙涙涙。





    フリーダのデザインのコレクションで特に好きだったもの


    2006年のものは解像度の高い画が見つからず・・・。


    o0320048010258077223.jpg
    2008〜2009秋冬
    ボヘミアンなファッションに、はじめてシビれた3○歳。
    ボヘミアン × ロック × オスカル って超クール!
    (どの要素も単体だと、そこまで惹かれない。
     「オスカル」は私が勝手に「オスカル」って感じるだけ。)



    19_catwalk_img_400_x.jpg
    2009春夏
    サファリのテイストはフリーダのグッチでなくても好きだけど、やはり好き。



    026_catwalk_img_400_x.jpg
    2011〜12秋冬
    コレクションが雑誌に載ったときは東日本震災によるショックが続いていて
    ファッション誌を眺めても気持ちが乗り切れなかった。
    3月以降ファッション誌はあまり買わなかったし、買ったものも内容をろくに覚えていない。
    ずいぶん後になってから、このシーズンのルックがどれもドツボなことに気付いた。
    今見るとデザインだけでなく色使いにグッとくる。


    前年あたりからドールの遊び方が変わってきていて
    それまでドールはFMCを主流にコレクション、
    アウトフィットはクラシック系でシック、フェミニン、1着で美しいものをという買い方だったのが
    IT社のドールにアイテムを組み合わせて着せたい、モード系ファッションを楽しみたいと思うようになった。
    とはいえゲットするもののテイストをアレもコレもと幅を広げるときりがないので
    できるだけクラシック系をベースにして買い物をしようと考えた。
    このシーズンのグッチが2012年以降のアウトフィット買いに影響していることにも、今頃気付く。
    (その後ボヘミアンやサファリ、トライバル、その他のテイストにも手出ししたが
     テイスト違えど、着せ替えには自分の好みが出るものだなあと思う。)




    GUCCI-2012-13-FW-MILAN-RTW-11.jpg
    2012〜13秋冬は、見た瞬間からたまらなかった。




    最近、借りた画像の貼付け記事ばかりだけど、ブログに訪れてくださる方は
    私の着せ替えが何から影響を受けているか、
    私の好きなものがどんなんだか、ナントナ〜クお分かりになったと思います。(笑)



  • 2016.02.22
  • 春眠


    2016-02-22 19.24.02


    自作アクセをばんばん紹介するかというと、いえいえ、、、
    着せ替えをぜーんぜん思いつかないので、ドールを冬眠、、いえ、春眠させて
    放置していたスクラップブックづくりを、やっとはじめることにしました。
    生活が変わりつつあるところだし
    行き場のない物を溜めたくないんですヨ。^^;
    (↑この場合、どう使うか決めていないアクセサリー。服に合わせて作るようにしているので。)

    やっとスクラップブックづくりに気が乗ったのはいいですが
    切り取った紙を箱から選んで貼付けようにも、量が多すぎて選べず。バカ〜 ( ̄д ̄;)
    しょうがないから今の気分ではないものをバンバン捨てました。
    選びやすい量になるまで、ひたすら。

    溜めすぎたつもりはなかったけれど、やりたいことを面倒に感じるほど持つのはよくないですねー。
    (なんのために溜めたんだろーとオモッタ。)
    捨てたといっても所詮紙ですけども、好きで溜めていたものをガッツリ捨てちゃうと自己嫌悪。

    いまから二週間くらいの趣味の買い物予定は白紙にしました。
    スクラップして映画を観るぞー。


    ・ ・ ・ ・ ・


    映画は、、
    早くも今年観た中でベスト3に入る作品に当たり、
    そのあと、ほかの映画の世界にもトリップしたい気もちが出ました。やったー!
    2時間に詰められた内容に、生活のことを頭から切り離してトリップするのって
    そうしたいと思っても常にできるわけでないので嬉しいです。
    4〜5日に1本くらいのペースで観ていますが、当分続くといいのにな。

    リドリー・スコット監督 「悪の法則」(R15指定)
    多くの人が吐いてしまいそうな、ワルい、エグい、パンチがありすぎる映画でしたが
    あまりにもパンチがありすぎたのでトリップしやすかったのかも・・・。
    女優本人のイメージとは違う役どころがヨカッタです。
    キャメロン・ディアスが極悪!(金歯に豹柄タトゥー、堅気でない過剰装飾ファッションがバッチリ似合っていた!)
    ペネロペ・クルスが普通の女! ええーーー!
    男たちも演技が上手くて素晴らしかったですが、、、
    映画に楽しいやキレイ、わくわくを求める方には超アウトなストーリーなので
    こんな映画を観ちゃう自分を肯定するために♡アマゾンのレビューを見に行きました。
    爽やかな人たちの中では浮きまくりの私も
    いろんな映画を観る人の中(?)では、浮きません。ほっ。


    ・ ・ ・ ・ ・


    可動ボディのFMCのこと。
    昨年に出ると知ったとき、気持ちが燃え上がって大変でした。
    2016年の計画上、スルーせざるを得なくてスルーですが、
    可動ナシのボディで15年くらいやってきたんだから今からも長いんじゃないですかネ。
    これから毎年何体か発売されるだろうし、
    FMCじゃないけど可動ボディのドールは持っているので、そのうちでいいと思いました〜。
    きりがない。
    箱に入れた状態よりも出して飾った状態のほうが顔がキレイに見えない(げっ!)FMCがけっこうありますが、
    ボディが可動だったら、服がキレイに見える角度でポーズをとれるとは思います。
    でも顔がキレイに見えるかどうかについては、置き場所(明るさや棚の高さ)が問題のように思うので
    可動ボディで解消できるかというと「?」かな。^^;;
    今は他にやりたいことがあるので
    新作ドールの顔・アウトフィットが好きで好きで買うのだったらともかく
    可動ボディのみ目当てでのゲットはやめておこうかと・・・。
    ドールをコレクションしはじめた頃と違い、
    ゲットしたドールに純粋に良さを感じるよりも
    自分が求めているものがあるかどうかに敏感・貪欲になっています。ーー;
    買ったら買ったでなんらかの問題を感じるに決まってるから
    可動ボディをゲットすれば良しではない!と、しばしの間、一歩引いたカンジでいることに。
    案の定、、、
    公式画像ではボディが細身に感じましたけど、ホントにバストが小さめだそうで、えーー! 
    不満だけどスルーせざるを得ない状況なので「たすかった!」と胸を撫で下ろしてます。


    ・ ・ ・ ・ ・


    申し込み期日は過ぎてしまいましたが
    2016年度のWクラブのアップグレードドールのこと。
    Nuがめちゃめちゃカッコいい♡
    BBっぽいポピーは自分がゲットするならば、前髪を上へ撫でつけます。(笑)
    FRは小物がいいなと・・・小物が・・・

    とっても残念ですが、クラブの契約更新はしませんでした。あーあ。
    ま、しょうがないか。

  • 2016.01.17
  • 御み足と工芸品靴






    クリスチャン・ルブタン 2016年 春夏

    超美しい、この動画を見て思ったのが
    言われたようにポーズできるモデルと、(メイドの、演技しながら“足キメポーズ”にはウケた。)
    美しく見える構図だの角度だのを考えて指示した人と
    ソレを撮ったカメラマンのスゴさでした。(笑)

    リッチな靴といえば、ベタですが、ルブタンとマノロ・ブラニクの名が頭に浮かびます。
    服からはデザイナーの特徴がちょっぴりは分かるのですが
    靴は、、さっぱりワカリマセン。^^;
    ただキレイだなーと思うだけ。











  • 2016.01.13
  • ツボなファッション 2016年1月

    ネットサーフィンしていると好きなものを絞れないほど素敵なものが溢れていますが
    ドールの着せ替えの参考にしたい画像をお借りしました。^^
    ホントに真似るかはともかくね。



    目下、私のお気に入りはシャネル♡

    ノーカラーの服。
    ドールの着せ替えでアクセサリーをじゃらじゃらつけたかったら、
    スーツやインナーはシンプルなデザインが良さそう。
    0af74b19c9f0232d125000887decc51f.jpg

    シャネル。 
    ひー、モデルが!! 素敵すぎるー!!!
    予約中の超クールな双子・・・こんなふうにエレガントなものも似合うとイイのに。
    出回ってないうちからしたいこと・イメージを固めすぎると
    ドール到着後に誤差にガックリしそうです。
    手元に着いてからドールに似合うものをゆっくり考えよう。^^;
    でも雰囲気やメイクが双子っぽいモデルをチェックしちゃおうかなと思いました。
    大抵、アイテムに刺激を受けて着せ替え熱が上がっていましたが
    ニンゲンは身に着けるものに合わせてメイクやヘアスタイルを変えられるけど、
    ドールはそういうわけにいきませんものね・・・。
    0dccd7cff49ded4cfabd94b1a00f5e06.jpg

    シャネル。 
    バックルがビジューのベルト。カチューシャ。  
    で、メイクは甘すぎない。  ふむふむ。。
    d8956cd714331da4f8706b22507f724c.jpg



    2013年 DKNY  
    カチューシャで女性らしさ、甘さが出ていますね。
    すごく参考になります。
    edc53a80ddf79e3df8aca23075ad2fc9.jpg



    2007年 グッチ  ギャーッ、カッコいい〜〜!! 
    1ea5bb5319c8f499c449247e3968b530.jpg

    b4f9c02d86e0b4b75339c6cb9337d5dc.jpg




    ファッションドール好きの方は、とっくにご存知かもしれませんが
    12ブランドを箱入りバービーにした、、、というもの。 
    やはり世の中でファッションドールといえば、バビ!
    でもこんなん見ちゃうと、IT社ドールで箱入り娘をつくってみたいような?

    シャネルとヴィトン。
    a4565cee36b213555f008f2a44fdd3f9.jpg

    d6bdb3bdfd5616275b79a12564d8d9cb.jpg






  • 2015.10.14
  • インテリアにモリス柄をプラス

    ついに、、、ついに踏み込んでしまいました。
    人間部屋にウィリアム・モリスのデザインの生地を取り入れることに。。
    モリスのファンの方、大変申し訳ございませんが、
    私はモリス柄をふんだんに使って、チープだけど自然にとけこんでいるっぽい日本のインテリアを見たことがありません。
    (あくまで私の好み、です。)
    自然なかんじがしない=モリス柄の美しさよりも古臭さのほうが際立つように感じて
    モリス柄を取り入れるならば、ちょっとしたものにしといたほうが、、と思っていました。

    しかし年齢とともに好みが変わってきて
    ついに、インテリアにもっとオバちゃんっぽさが欲しくなりました。
    今使っているテーブルクロスが和食器とあまり相性がよくなくて、気になっていました。
    使う食器が偏りがちでしたが、(つまり使わない食器は死蔵ということになる・・・)
    食生活を改めて整える必要が出てきて、日々のテーブルコーディネートがラクになるよう
    和食器に合うテーブルクロスに変えたいと思いました。
    くたびれすぎてテーブルコーディネートなんざ、どうでもいいときがけっこうありますが
    食卓のヴィジュアルがいいか悪いかで、美味しく感じる気持ちが大きく左右されるのも本当です。

    超美しいモリス柄がダサく見えるなんて、許せない。
    安価といいがたい生地をキレイに感じないとしたら、「無駄遣い」ですし・・・。
    (しつこいですが、あくまで私の好み、です。^^;
     なにを美しい・心地いいと感じるかは人によりますのでネ。)


    選んだのは部屋に同化して、ぱっと見は単色に見えるものでした。
    (模様のコントラストがくっきりしていると器に合わせにくいため)
    デザインは「マリーゴールド」。
    色はベージュ。



    2015-10-14 03.09.23
    まだ使える状態ではありませんが、器をあわせてみました。
    おおおー。いーじゃない、いーーーじゃない!!


    2015-10-14 03.19.47
    モロッコ(?)っぽいテイストも、アジアンも合う合う♪
    プロフィール

    梅松 竹子

    Author:梅松 竹子

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    PageNavigation 2.0

    Designed by 石津 花

    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    QRコード
    QR