• 2017.02.05
  • ドールの撮影の話



    IMAG0190.jpg

    箱ごと寝かせて撮ったので、ネックレスの飾りが崩れた形になっちゃいました。^^;



    ドールを手ブレ補正機能なしの古いスマホで撮影しますが、
    偶然上手く撮れることがあれど
    撮れども撮れどもボヤけてしまいます。

    夜、テーブルに箱ごと平置きしたドールを夫に撮ってもらおうとすると
    手ブレ以前に、撮影する人間(自分)で影ができてしまっているのがダメと突っ込まれました。
    テーブルの上には照明がありまして
    照明の真下で平置きした人形を撮るってのがアウトだと、別場所で撮影することになりました。

    「自分による影が多くできてしまう場所は撮影に向かない。
     比較的影ができにくい場所に
     人形とライト(角度を調節できるものが良し)を持って行き、
     人形を置いてファインダーを覗く。
     影ができていたら 
     いろんな方向にライトを向けてみる。
     天井に向けたり、自分に向けたり。
     ファインダー内に影ができない位置がベスト。= ドールの顔に影ができないのを目安に。
     ライトは明るくするために人形に直接向けるのではなく、
     影を作らないために使う。」

    というようなことを言われました。
    そういうこと、あまり考えていませんでした。

    なので、ライトで明るく照らしても影ができて、夜の撮影ってダメだなあと思っていましたが
    単に私がアホ・・・写真を撮るコツを知らないだけでした。^^;;

    1枚目画像をもう一度ご覧いただくとお分かりと思いますが、
    ドールの顔に影ができていますね〜。
    (影が良しの場合もありますが。)


     

    IMAG0262.jpg

    自分へのギフトセット。


    1950年代(?)、ハリウッドの新人女優エンジェヌーがカンヌ映画祭に行く。
    コンベンションで着るドレス、移動時に着る服、ホテルで着るナイティ、のセット。
    無名だったエンジェヌー。
    ほんの端役で出演していた映画を見た有名監督が、自作品の主演にと彼女を抜擢。
    その映画が世界的に大ヒット。
    初めて訪れたカンヌでもエンジェヌーは注目の的、、というテーマで ^^
    昨年の初夏にコーディネートしていました。


    IMAG0272.jpg



    IMAG0275.jpg


    プロフィール

    梅松 竹子

    Author:梅松 竹子

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    PageNavigation 2.0

    Designed by 石津 花

    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    QRコード
    QR