• 2017.01.19
  • the collection




    気になっていたアマゾンのオリジナルのドラマ「ザ・コレクション」を、ちびちび観ている。
    1947年・第二次世界大戦後のパリを舞台に、オートクチュールの世界が描かれる。
    サスペンス仕立てでなかなか面白い。
    好きなドラマ「グッドワイフ」に端役で出ていた女優(個性的な顔なので覚えていた)と
    好きなドラマ「刑事フォイル」の主役俳優が出ていて、おおお〜。

    見所はもちろんリッチなファッション!
    ・・・であるが、裏方の人々の真剣さ、情熱、葛藤の様に引き込まれた。
    デザイナーだけでなくお針子たち・バイヤーの努力、
    チームワークでドレスが生まれることがわかる。

    皆、自分の地味な服の上に白衣を着て作業している。(イヴ・サンローランが着ていたみたいな)
    もう亡くなられている女優・高峰秀子さんが1950年にパリに滞在した際、
    (ドラマより数年後ってことになる)
    街行く女性の8割は何の変哲も無い地味なスーツ姿でびっくり、
    ファッションの都・パリでも、働く女性はあくまで裏方なのだと知ったそうだが
    劇中のお針子たちもそんな感じ。
    実際よりは美化されているだろうけど、そういうのを映像で見られて良かった。



    画像をお借り。
    裕福な客が店でお買い物=シャンパンを飲みながらドレスを物色する、1シーン。
    一人の客のために数人のモデルがドレスを着て見せるという・・・・
    知ってはいたけれど、ひえ〜〜っ!
    客の服もすっごく素敵!

    プライム会員でビデオを視聴可能の方、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

    1440.jpg

    プロフィール

    梅松 竹子

    Author:梅松 竹子

    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    PageNavigation 2.0

    Designed by 石津 花

    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    QRコード
    QR