• 2016.02.29
  • 分岐の年 〜 今 

    2011年はファッション誌にじっくり目を通す気持ちの余裕はなかったのに
    ドール買いには気持ちが入り込めていたのを思い出します。

    2011年以前も、雑誌は「買うだけ」みたいなかんじでした。
    雑誌だけでなくマンガ・映画・ドラマにも、ドールにハマってからは気持ちが集中できませんでした。
    私はもともと行き当たりばったり支出でもナントカなると、生活をしていて
    家計管理がアバウトな状態で、どの程度を趣味に支出してよいのか正確に把握せずに
    高額ドール買いに突き進んでいったのですが、
    そのため自分がどうアブナイことをしているのかナントナクしか分からず、
    それで何年もの間「リスクはあってもドールは人生の華」と信じていました。←砂上の楼閣にいた。
    (今考えるとなんてオソロシー、ありえない!と思いますが、
     もともとしっかり家計管理する女だったら、ドールにハマろうにもハマれなかったでしょう。)
    震災と親の病気をきっかけに、趣味を楽しむにしても身にふさわしい範囲でありたいと思いました。
    ドールは高額だけどどうしても好きなので、細々とでも続けられるよう態勢を整えねば。

    初年は支出全体をチェックして自分の出費の動向を知ろうとしました。
    そしたらあらゆることで無駄が多くてびっくり。
    断捨離を生活に取り入れていたので一見暮らしに、無駄が少ないようですが違います。
    モノが合わないとか窮屈さを感じるや処分していまして
    そのペースが早くて、ろくに消化しないうちに次のなにかにお金を出すのを繰り返しています。
    買い物の中には高いものも含まれるのに、買ったモノを使うための辛抱が足りないと思いました。
    所得に対して生活水準が高すぎる・・・。
    現在もまだまだ水準が高いと感じるので、ゆっくりゆっくり下げていますヨ。

    2011年は1月からパートをはじめていました。
    身内の介護をきっかけに5年くらい専業主婦をやって、
    家事能力・体調コントロール能力を鍛えてから勤めに出ました。
    いまどきはたかがパートでもこきつかわれかたがスゴイので
    プライベートも気を引き締めていないと、
    しょっぱいパート収入が外食や買い食い、治療代で消えます。(汗)
    不測の事態がおこったとき、しかもそれが長期化すると損失が大きいですし。
    忙しさを理由に暮らしが雑すぎると、非正規雇用で得られる収入なんか
    右から左へ流れるのが専業主婦になる前に身をもって分かっていたので、
    流さないテクニックを持たなくては、、と真剣に取り組みました。
    モノ持ちから軽めのダンシャリアンにシフトしたのも、無駄に支出や体力放出をしないためです。
    ウチは子供がいないので取り組めたのですが。

    ところが勤め始めてから段々わかったのは、たとえ短い時間のパートでも
    家族に合わせながら、家事・雑事をしながら、自分の体にも注意しながら、働いて、
    生活や働くための経費を引いて純利益を出すのは、とても大変ということでした。
    専業主婦時代は「勤めに出れば、今ドールにあててる自分の貯蓄をまた増やせるし、
    ドール代も稼げるだろう」と軽く考えていた、というかドンブリ勘定&皮算用をしていました。
    が、家計管理をして時給で働いてみてから、減った貯蓄を戻すのって大変だし
    ドールの価格がとんでもないことを実感。(汗)
    専業主婦のときに家事能力・体調コントロール能力と同様、
    家計コントロール能力をどうにかすべきだったのに、ドール買いで金銭感覚がおかしくなっちゃってる。。。
    パートに出てからは、周りと自分の娯楽にかける金銭感覚の違いに反省することになりました。
    私みたいな金遣いの人が居なさそうなのを実感すると、ショックです。
    皆、もっと堅実そうなかんじ。
    人それぞれでみんな一緒である必要はないとはいえ、なぜ堅実そうなのか考えると
    やはり生活が成り立って行かないからでしょう。
    国内でネットショッピングした際の送料=1時間働いた給料と同じなんだなーとか思って
    ストレス等あったとはいえ、ウチの財力で
    よくもまあ、高い趣味品を気分でぽんぽんと買っていたものだワ、、、と、自分にドン引きでした。

    パソコンで家計簿をつけるのを習慣にして
    支出は過去データをもとに適切に予算を決め、(=無駄を出さない・かといってパツパツでない)
    特にドールは予算枠内を超えないよう苦労していますが
    度を超さないというのはアタリマエのようで(?)、私はできていなかった!
    どの程度超してるのかもワカッテいなかったので、ほんとオソロシー話です。ーー;

    近頃はモノやサービスの値段を自分の労働に換算するようになり、
    そうなると・・・許容しづらいものが多くなりました。
    私ってばド庶民なのにドール買いで起こる「フツー」、
    でも一般的には「異常」に 感覚が鈍くなってしまってるのも怖い。
    国際送料や今後の円安にビビりながらも買うとか、
    破損や不良を覚悟で遊びのための高額品を買うとか、
    品を購入したショップからの入金確認や発送の連絡が遅い・こないのでモヤモヤとか。
    予約金を持ち逃げしたショップには、その手前から、対応がなんだか悪く雑になってると感じましたが
    被害にあってしまいました。
    当時は自分も危機感が足りなかったと反省したのに
    結局ドール欲しさに、いろんなリスクをしょうがないとしてしまっています。
    しょっちゅう被害に遭うなんて本気で思ってはいませんが
    買い物がドールでなかったらリスク承知で高いものに費用をかけるとか
    対応が変と感じるショップは再度利用することはないのに、うーん、、、私って、こんなんだったけ?
    この先も生活に差し支えないヒトがリスクをオッケーとするのは、おおらかな性格といえるけど
    不安があるド庶民のワタシがやっていいものか。ただのミエッパリで無茶なだけは・・・。

    趣味を通じての交際にかかる費用・時間もナカナカなので、
    しょうがなくマイペースでやっていますけど(涙)
    (↑ ドール買いにプラス、付き合いにお金も時間もかかる・気力が要ることを覚悟しないと、
     人との付き合いはできないと思った。
     ドール趣味をやるのになにかと制限が多すぎる自分には、無謀で力量外だった。
     不快な思いをさせてしまった方、ほんとうにスミマセンでした。)
    今年は “感覚” も、矯正したいと思っています。
    力量外のことをし続けないのが目標。


    疲れたのでしょうねえ・・・
    ドール買いとブログの刺激がいちばんになっていたのが
    ドール以外のなにかが心地良い感覚が、徐々に戻ってきています。
    ファッション誌や画像を見ては即、ドールで再現したい気持ちがうずいていたのが
    最近はその気持ちも薄くなってます。うずくときもありますが波があります。
    さみしいかというと、高波が続きっぱなしではフトコロや気力が持たないし、それでイイや。^^

    プロフィール

    梅松 竹子

    Author:梅松 竹子

    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    PageNavigation 2.0

    Designed by 石津 花

    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    QRコード
    QR