• 2016.02.27
  • フリーダ♡  



    スクラップブックづくりをしていたら
    2006年のヴォーグの付録の、グッチのビジュアルブックがでてきました。
    2005年にフリーダ・ジャンニーニがレディスウェアのデザイナーに、
    その後にクリエイティヴ・ディレクターに就任したのですが
    ちょうどその頃の「グッチよいしょ」なビジュアルブックで、私にとっては素晴らしい内容であります。
    今見てもうっとりするし、現グッチがかすむ・・・。
    フリーダ退任後、現在シーズン二期目となったグッチですが
    残念ながらあまり惹かれません。
    アイテム単品で見ると素敵と思うものがありますが、
    ルックは若返りというよりコドモっぽくなっちゃって涙涙涙。





    フリーダのデザインのコレクションで特に好きだったもの


    2006年のものは解像度の高い画が見つからず・・・。


    o0320048010258077223.jpg
    2008〜2009秋冬
    ボヘミアンなファッションに、はじめてシビれた3○歳。
    ボヘミアン × ロック × オスカル って超クール!
    (どの要素も単体だと、そこまで惹かれない。
     「オスカル」は私が勝手に「オスカル」って感じるだけ。)



    19_catwalk_img_400_x.jpg
    2009春夏
    サファリのテイストはフリーダのグッチでなくても好きだけど、やはり好き。



    026_catwalk_img_400_x.jpg
    2011〜12秋冬
    コレクションが雑誌に載ったときは東日本震災によるショックが続いていて
    ファッション誌を眺めても気持ちが乗り切れなかった。
    3月以降ファッション誌はあまり買わなかったし、買ったものも内容をろくに覚えていない。
    ずいぶん後になってから、このシーズンのルックがどれもドツボなことに気付いた。
    今見るとデザインだけでなく色使いにグッとくる。


    前年あたりからドールの遊び方が変わってきていて
    それまでドールはFMCを主流にコレクション、
    アウトフィットはクラシック系でシック、フェミニン、1着で美しいものをという買い方だったのが
    IT社のドールにアイテムを組み合わせて着せたい、モード系ファッションを楽しみたいと思うようになった。
    とはいえゲットするもののテイストをアレもコレもと幅を広げるときりがないので
    できるだけクラシック系をベースにして買い物をしようと考えた。
    このシーズンのグッチが2012年以降のアウトフィット買いに影響していることにも、今頃気付く。
    (その後ボヘミアンやサファリ、トライバル、その他のテイストにも手出ししたが
     テイスト違えど、着せ替えには自分の好みが出るものだなあと思う。)




    GUCCI-2012-13-FW-MILAN-RTW-11.jpg
    2012〜13秋冬は、見た瞬間からたまらなかった。




    最近、借りた画像の貼付け記事ばかりだけど、ブログに訪れてくださる方は
    私の着せ替えが何から影響を受けているか、
    私の好きなものがどんなんだか、ナントナ〜クお分かりになったと思います。(笑)



    プロフィール

    梅松 竹子

    Author:梅松 竹子

    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    PageNavigation 2.0

    Designed by 石津 花

    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    QRコード
    QR