• 2016.12.21
  • ドールとインテリア



    亡くなった親族の住まいの処分(片付けどころでない)をすることになりました。
    寝耳に水ではなく、前もってわかっていましたが
    物の溜め込みが半端ない住まいの処分で
    自分の生活をしながらの大作業なので、う、うっ・・・・です。(イヤだなー)
    2年くらいで終わるといいのだけれど。

    私には買い物のセーブをできない魔の時期があるので、それが怖いです。
    疲れが溜まって回復しない状態が続くと、
    ただでさえトロい頭の回転がさらに遅くなって
    後先を考えないわけでないですが、自分で何か工夫することがだるくなって
    考える手間を省いて早くラクになろうと買い物したりします。ヤバいですねえ。
    なのでそうならないように普段から物や体(=暮らし)を管理して
    余裕を作っておかなくちゃ〜と思うのですが
    現在、余裕どころか下手すると体調を崩すかも?ってカンジです。
    そこに故人の住まい処分の仕事(?)が回ってきちゃいました。
    そのストレス(?)で買い物に走らないか不安です。
    家・物にウンザリすることで自分チの物が減るとイイんですけれど、どうなるやら。

    えーと、、気持ちを持続できるかはともかく、買い物に走らないように心構え、、、と。 ^^;
     ↓
    夏に観葉植物をプレゼントしていただいたんですが、
    私の手入れが適切でなかったのか、すぐにダメになってしまいました。
    せっかくいただいたので悔しくて、そのあと別種を自分で購入すれど
    またすぐダメに、また買ってすぐダメ、また・・・を繰り返してから
    手入れ以前に、置き場所がエアコンの風が直撃するところなのが致命的なのではと思いまして。
    今年は暮らしが変わって1日に家を空ける時間が長くなり、
    人間が家に居る時はエアコンや除湿機をつけっぱなしにして
    室内を冷やしたり湿気を取っていました。
    ホッとしたくて生活の邪魔にならないスペースにグリーンを置いても
    そこがグリーンに不向きの場所だったら、買い物・手入れ・費用・かけた時間が無駄に終わるのね、
    グリーンをダメにしない生活になるまで
    ゲットはしないでおこうとスンナリ思ってハッとしました。

    あれ? じゃあ、ドールは・・・。

    今、ウチで、視界に入るかつドールをディスプレイする場所は1箇所のみですが
    そこね、ドールの顔が綺麗に見える場所ではありません。
    それは一応わかっていまして
    空間全体をドールに合わせたり、(部屋の物量・色をドールに合わせる)
    ドールを空間に合わせたりと(ドールの色味・デザインを合わせる or 見えるところにドールを飾らない)
    工夫をしてきました。
    長年ドールのチョイスさえ良ければ空間に合うはず!!と
    信じてというか思い込んでというか、(物欲の言い訳でもある)
    それであれこれと買っちゃったんですが、結局、
    ドールを部屋に変化をつけさせるインテリア小物としちゃう
    =毎回、空間とドールの両方を素敵に見せようとする、
    その日常をずーっと続けることは私にはハイレベルすぎると最近実感しています。^^;;



    インテリアに植物を取り入れるのは
    住人の生活と置き場所によっては「不向き」だと数週間で気付いて納得したのに
    ドールだと10年以上かかってるので
    私ってどれだけドールが好きなんだ?と、びっくりです。
    我ながらよくやりました。
    でも今の私の暮らしには
    ドールを頻繁に購入&収納できない分を処分、インテリアに使うことは不向きなので(笑) 
    来年は(も)ドール買いはセーブということで。
    先日、故人の住まい処分の話の際に、夫に
    「お前が死んだら人形は全部ソッコーでゴミに出す。
     オレが業者を探してやりとりして荷を作って送って売るなんて
     そんな超面倒なことをすると思うか?」と言われ、「で、ですよネ!」と答えるしかありませんでした。
    燃えるゴミ袋1枚に詰まったアウトフィット(超高額ゴミ!)と
    市の処理場で、積み上げられた不燃ゴミに混ざった私の人形數十体を想像して、ぎえええええ〜。
    私も夫が死んだら、あれもこれも捨てまくって1DKの部屋に引っ越さねば生活できないし、
    (夫の物だけでなく2人の物・私の趣味品もがっつり減らさないと、暮らしが回らないはず。)
    そのうち死蔵品の手放しもアリかもなあ、なんて。
    あまり遊ばないとなると現在の所有量は多すぎだし
    ドールを持つよりも暮らしが回るほうを優先しそうな気がします。
    ドールに入れ込んでいた頃はこんなこと、考えもしませんでしたし
    もし災害等でドールを失ったら、自分の人生は終わるくらいの気持ちでした。
    が、ドールを失っちゃったら残念ではあるけれど
    そうなったら踏ん切りがついて、いまよりもミニマルな暮らしに転向できるので
    それはそれでイイかも。。

    処分したくない物って管理できるうちは宝物だけど
    いざという時は足かせなので、ホントに「増やせばイイってものでない」と思います。



    プロフィール

    梅松 竹子

    Author:梅松 竹子

    カレンダー
    11 | 2016/12 | 01
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    PageNavigation 2.0

    Designed by 石津 花

    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    QRコード
    QR