• 2017.06.30
  • ピクルスと液





    手放せない器具・ハンドブレンダー!!

    豆腐ハンバーグのタネやミックスジュース、ポタージュを作ったり、
    クッキーの生地の材料を均一に混ぜるためだったり、
    いろいろと使えますが

    IMAG0384.jpg

    春〜初夏に塩レモンと塩柑橘類を作っていました。
    きゅうりのピクルスをつくるためにです。
    (きゅうりをたくさん渡されると予想していた。)


    私の塩◯◯は比較的、簡単です。

    1 瓶にアルコールをスプレーしてティッシュで拭き、
      柑橘類と塩を入れて1週間ほど漬け込む。
      塩の分量は柑橘類に対して15〜20%程度。
      瓶を煮沸していないので、もし食中毒になったら・・・・・・仕方ない。

    2 漬け込み中は冷蔵庫で保管。1〜2日に1回くらい混ぜる。

    3 1週間くらい経ったら、瓶にハンドブレンダーを突っ込んで撹拌する。
     (普通の塩レモンのように
      汁だけ、皮だけを刻んで・身だけ使うとかは面倒。)
     
    4 出来上がったものをジップロックに入れて冷凍し、要る分だけ使っていく。
     (早くに使い切れなくても大丈夫!)


    IMAG0398.jpg

    塩レモン・塩柑橘類、ゆず果汁、
    生姜(=フードプロッセサーで撹拌してからジップロックに入れて冷凍してる)、
    らっきょう酢、酢、塩、コショウ、醤油、ポン酢、市販ダシ、酒、マヨネーズ・・・
    組み合わせを変えて、ピクルス液やマリネ液を作って
    きゅうりや赤玉ねぎを漬けまくっています。

    液は野菜がひたひたに浸からない量にしますが
    うっかり作りすぎることも。

    味が染み込むまで時間がかかるので、昼間に作っておきます。

    IMAG0400.jpg

    気が乗った時は数種作ります。
    赤玉ねぎマリネ、3種。

    液は1種類だけど、赤玉ねぎ×人参、人参×きゅうり
    きゅうり多め×人参×赤玉ねぎ、、、というふうに
    野菜の組み合わせを変えるのもgoodですね。

    IMAG0387.jpg

    残った液には野菜の成分も含まれていて、捨てるのは勿体無い!
    香味野菜と調味料をちょっと足して、肉料理のタレとして再利用します。

    ピクルスを作ってから何日も経っていたら、液を捨てますが ^^;
    つくる時に「再利用タレ1食分」ができるよう計算しておくと
    後で捨てる量が少なくすみます。


    IMAG0402.jpg

    鶏むね挽き肉と豚バラのハンバーグ。
    (鶏むね挽き肉・豚バラ・卵・パン粉・コショウ。
     それにコンソメを少し。
     肉に少し味付けすると、よりリッチな味わいになる気がする。)

    付け合わせ 1 = 醤油風味の赤玉ねぎのマリネ。

    付け合わせ 2 = マヨ風味の赤玉ねぎのマリネの・塩・マヨ  × きゅうり

    香味 = 大葉 

    手が込んでます。美味しいです。
    きゅうりは大葉に隠れてます。
    大葉の切り方がダイナミック。


    カメラが欲しいなあ。ブレる。

  • 2017.06.27
  • 使い切らねばならぬ。ーー;



    今年もきゅうりを食べ続ける季節がやってまいりました。(もう来ていますが。)

    畑と水田、緑だらけの私の町では身内や親戚が農業をやっている人が多くて
    顔見知りの主婦の間では、収穫物の食べきり話に花が咲き、
    トレード交渉が盛んに行われます。
    「ウチね、今、ピーマンと戦ってるの。毎日ピーマン。
     明日も明後日もずーっとピーマン。」とか言われると
    「ウチはピーマンは先週に(食べ)終わったので、もらいましょう!」
    と、助けずにいられなくなります。(?)
    「でも代わりに赤玉ネギをもらってくれる?」、
    職場で「ナスを要る人は、いますかーっっ!」と声がけ、
    休憩室のテーブルに野菜をどーん!と置いて
    「欲しい人は持って行ってください。○○より」とはり紙しとくとかナントカ、、、
    冬季と違い夏季は食材が腐るのが早いので、皆、押しが強めですね。


    義父は畑をレンタルして野菜を作っていますが、収穫量は身内で食べきれない量です。(笑)
    育った玉ねぎ、赤玉ねぎ、ピーマン、キャベツ、ジャガイモ、ニンニク、豆類、そしてきゅうりが
    「やばい。ど、どうすれば・・・」というほど渡されますが
    食費は浮きます。
    天候超不良のあとに野菜価格が超高騰するときなどは
    野菜をバンバンもらえるこの状況が、どれほど恵まれていることか!と思います。

    ・・・・昨年はかなり腐らせました。(汗)
    早めに加工して食べきるテクニックは一応あるものの
    野菜を包丁で切るのもかったるい、
    美味しくするためのちょっとした注意も気が散ってできませんでした。
    なので義務感で下ごしらえをしても、出来上がると美味しくなかったです。

    今年は、野菜を長持ちさせる手間だけは頑張って(?)ます。
    水分多めの野菜をペーパーでしっかりくるむだけですけどね。
    しなびようが腐らなければイイ!

    IMAG0375.jpg

    数日前に「もしや腐っていないか?」と
    ビビりながら、きゅうりからペーパーを外したら
    ほんとにしなびていました。
    危なかった〜。 ふーっ。
    ピクルスを作りました。



    私ときたら
    タダで野菜がもらえる・物々交換で幾つもの種類をゲットできる!とアテにして
    6月は浮いた食費で夫との外食の回数を増やしてしまいました。
    ギャーッ、食費をつかいすぎたーー!!!

    今月はあと数日ありますが
    食費を来月分から前借りするのは気が進みません。
    目前の数日が乗り切れないのに、来月にどうにかできる気がしない・・・。ーー;

    買い物をほんの少しにして
    冷蔵庫にあるストックをうまく使って乗り切ります。
    美味しいごはんができるといいな。

  • 2017.06.25
  • 手作りクッキーデビュー



    冬のある日、
    職場の人が「うちではクッキーは手作り。おいしいから。」と言いました。
    その人は物に興味がなく、自室に自分の物がほとんどないが
    掃除をしないので埃がたまっているそうで、
    そんな人が
    家事が得意で食べ物は健康志向な主婦がしそうな【クッキーづくり】だなんて!
    イメージが違いすぎて衝撃を受けました。

    そんなに美味しいのか!?と、作り方を聞くと
    「バターと粉と砂糖と卵を混ぜて生地を作って、焼く。」
    と、すごくアバウトな答えが返ってきました。

    分量はテキトー、
    バターの代わりにマーガリンを使うこともあるし
    バターは有塩でも無塩でもどうでもよし、
    ベーキングパウダーも別にいらない、
    たまにドライフルーツとか混ぜるそうで、
    添加物を気にする主婦ならば「ありえないわ〜」とか言いそうな
    めちゃ敷居の低い【お菓子作り】を、私もやってみたくなりました。

    そして春に有塩バターを買ったものの(その時たまたま安かったから)、
    すぐに実行する気が出なかったので冷凍し、
    冷凍庫を開けるたびにバターが目に入り、プレッシャーを感じていました。

    6月も下旬になった先日、ついに気が向いて行動に移したのであります!
    敷居が低いわりに、実行に移すまでが長かったな・・・。


    IMAG0372.jpg


    賞味期限がかなり前に切れたドライフルーツを入れてみました。
    粉が多すぎたのか、そろそろ入れ歯を考えている人が食べたら
    歯が折れそうなクッキーが出来上がりました! 硬っ。
    64個!!
    (食べて、だいぶ減ったけど。)


    味はイケます。
    もうちょっとソフトな口当たりがいいなーと思って
    マーガリンを塗って食べています。
    洗い物をしたくないので、マーガリンは爪楊枝で塗ります。


    飲み物は2週間ほど前からハマってる
    豆乳 & インスタントのコーヒーの粉 & ちょっとだけ水  です。
    豆乳のクセが出すぎず、出なさすぎず、な味にするのがお気に入りです。


    豆乳コーヒーはまだ飽きませんが
    クッキーは飽きてきました。
    冷凍すべきか、ちびちび食べるべきか。

    プロフィール

    梅松 竹子

    Author:梅松 竹子

    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    PageNavigation 2.0

    Designed by 石津 花

    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    QRコード
    QR